ちょっと先行くインターネット インターリンク

1995年にプロバイダ業務を開始してインターリンクは20年目を迎えました。

サイト内検索

サイトマップ

トップ > 固定IPアドレスの教科書 > 固定IPアドレスとは?

固定IPアドレスとは?

IPアドレスとは何?

固定IPアドレスの説明の前に、まず基本となるIPアドレスについてプロバイダ契約から説明しましょう。 我々が普段インターネット接続してメールの送受信、動画やサイトの閲覧をするには「プロバイダ(ISP)契約」が必要です。

なぜプロバイダ契約が必要か?それは、インターネットをするには必ずIPアドレスを使う必要があるからです。プロバイダ契約後、発行されるIDとパスワードで接続すると、プロバイダからIPアドレスが振り出され、インターネットするという流れになります。

我々が普段インターネット接続してメールの送受信動画やサイトの閲覧をするにはプロバイダ契約が必要です

IPアドレスはインターネットの住所

インターネットの仕組み上、プロバイダから割り振られるIPアドレスは世界でたった一つしか存在しません。例えるとインターネット上にある「住所」のようなものです。

例えば、友達のIPアドレスが重複してしまった場合、住所が2つ存在してしまう事になります。仮にその友達にメールを送信すると、どちらにメールを配達すれば良いかわからなくなってしまいます。

こういった混乱を防ぐため、IPアドレスは必ず世界で一つであると決められているのです。

固定IPは世界に1つ

固定IPアドレスで自分だけの住所が持てる

このIPアドレスは、大きく2に分かれます。
「動的(変動)IPアドレス」「固定IPアドレス」です。

動的IPアドレスの場合、プロバイダと接続する度にIPアドレスが変わってしまいます。住所に例えると何度も引越しを繰り返すことになります。一方、固定IPアドレスは何度接続してもプロバイダから同じIPアドレスが発行されます。このように固定IPアドレスは自分だけの住所が持てることになるのです。

IPアドレスは、大きく2に分かれます。動的IPアドレスと固定IPアドレスです。

固定IPのメリットは?

固定IP対応プロバイダーと契約し、固定IPアドレスを固定にすることで、動的IPアドレスではできない様々なメリットが受けられます。

自宅サーバーを公開
自宅でサーバー構築することで、Webサイトを公開したり、メールサーバーなど好きなようにカスタマイズできます。
自宅のパソコンをリモートデスクトップ
ホテルやカフェから自宅のパソコンにアクセスしてプレゼン資料の確認や動画が見ることができます。
Webカメラで自宅の防犯対策に
Webカメラを使って、ペットの様子をチェックしたり、店舗の防犯対策にも役立ちます。

難しい設定が必要?特殊な機器が必要?

固定IPアドレスだからといって難しい設定や特殊な機器は必要ありません。 今お使いの機器で十分です。
今お持ちのルーターに設定されているIDとパスワードを変更するだけで、 自宅が固定IPアドレス環境となります。

今お持ちのルーターに設定されているIDとパスワードを変更するだけで自宅が固定IPアドレス環境となります

一度に複数の固定IPアドレス(IP8、16、32、64、128個)を利用する場合は 「IP Unnumbered」に対応したルーターをお使いください。

※当社IP2・IP4サービスはYAMAHA製のルーターが必要です。

一度に複数の固定IPアドレスを利用する場合はIP Unnumberedに対応したルーターをお使いください

固定IPアドレスを契約するには?

1.NTTフレッツ回線で固定IPを利用する
当社インターリンクのサービス、「フレッツ接続 ZOOT NEXT」をお申し込みください。
当社の固定IPサービスは、最大60日間の無料体験ができます。もちろん、違約金や最低利用期間などは一切なく、初期費用も0円です。固定IPアドレスは、業界最安値クラスでご提供します。

2.ドコモ網で固定IPを利用する
当社インターリンクのサービス、「インターリンクLTE SIM」をお申し込みください。
お手持ちのSIMフリー端末やNTTドコモの端末(スマホ、タブレット、モバイルルーター等)に 「インターリンク LTE SIM」を装着するだけで、グローバル固定IPアドレスで高速データ通信が可能です。
NTTドコモが提供するネットワーク網を利用した固定IP付きのデータ通信を提供するMVNOサービスです。

固定IPが欲しいけど、プロバイダーを変更できない!

現在のネットワーク環境を維持しながら、固定IPアドレスを使う方法は2つあります。

1.NTTフレッツ接続のマルチセッションを使う

マルチセッションを使うと、NTTのフレッツ光(Bフレッツ)またはADSLは1つの回線契約で、複数のプロバイダーに同時接続ができます。 標準で2セッション使えますので、現在のネットワーク環境を残しながら、新たに固定IPアドレスのネットワーク環境を追加することができます。 ネットワーク構成など詳細は下記をご覧ください。
>>NTTフレッツ接続のマルチセッションとは?

1つの回線でプロバイダ同時接続ができる

2.マイIPサービスを使う

ケーブルテレビが既に導入してあるマンションでフレッツサービスも利用できない。またはWiMAXなどの移動回線を使っているケースなどがあります。このような方は、どこからでも固定IPが使えるマイIPサービスをご利用ください。
Y!mobile(イーモバイル)やWiMAX、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンにも対応しております。
こちらも最大60日間の無料体験ができます。詳しくは下記をご覧ください。

ページトップ