ちょっと先行くインターネット インターリンク

1995年にプロバイダ業務を開始してインターリンクは20年目を迎えました。

サイト内検索

サイトマップ

トップ >サービス一覧 >フレッツ光 > NTTフレッツ接続のマルチセッションについて

NTTフレッツ接続のマルチセッションについて

NTTフレッツ接続のマルチセッションとは?

フレッツ光(Bフレッツ)またはADSLにおいて、1つの回線契約で複数のプロバイダーに同時接続ができるNTTフレッツの仕様です。それぞれ標準で2セッションまでとなっております。(Bフレッツビジネスタイプのみ標準で4セッション)

マルチセッションの使い方は?

1つの回線上で複数のプロバイダーに同時接続(PPPoE接続)できますので、下記のような利用例があります。

・ご家庭や会社の部署単位で複数のプロバイダーを利用する
・既存のネットワーク環境を残しながら、新しくプロバイダーを追加契約する
・ネットワークのリスク分散の為、サブ回線として複数のプロバイダと契約する

弊社のZOOT NEXTサービスを使う場合、動的IP+固定IP8など組み合わせする事で、様々なネットワーク環境が構築できます。

どうやって同時接続するの?

ONU(終端装置)からハブで分岐して接続する方法と、マルチセッション対応ルーターを使う方法の2つあります。
複数のユーザーIDで同時接続しサーバー構築を行う場合は、トラブル時に問題を切り分けできますのでハブで分岐する方法を推奨します。

 ONU(終端装置)からハブで分岐する ※推奨
それぞれのルーターにプロバイダーから発行されたユーザーIDを設定します。2つのプロバイダーで同時接続する場合、2つのルーターが必要になります。

マルチセッションの構成1,ONU(終端装置)からハブで分岐する

 マルチセッション対応ルーターを使う
ルーターにプロバイダーから発行されたユーザーIDをまとめて設定します。
>>マルチセッションに対応したルーター一覧はこちら(NTT西日本)

マルチセッションの構成2,マルチセッション対応ルーターを使う

ドコモ光・SoftBank光の場合、セッション数はどうなるの?

「ドコモ光」や「SoftBank光(ソフトバンク光)」は標準で2セッションとなっております。
その為、ドコモ光の「プロバイダ料金込みプラン(タイプA/B)」や、SoftBank光の「戸建て/集合住宅」と併せてインターリンクも同時に利用できます。

月額料金は、ドコモ光の場合ですと「プロバイダ料金込みプラン(タイプA/B)」の利用料金およびZOOT NEXT(インターリンク)の利用料金の合計となります。
>>ドコモ光に関するよくある質問(インターリンクFAQ)

ドコモ光でマルチセッションで利用する

セッション数は追加できる?

NTTが提供する[フレッツ・セッションプラス]、[フレッツ・プラス]を使うとセッション数を上限まで増やすことができます。 詳しくは、NTT東日本、西日本のホームページをご確認ください。

■NTT東日本 >>フレッツ・セッションプラス(NTT東日本)
・基本工事費1,080円(1工事ごと)
・交換機器等工事費1,080円(1契約者回線ごと)

フレッツ・
セッションプラス
基本セッション数 最大セッション数 月額
(1セッション)
フレッツ光 ファミリー 2 5まで 324円
マンション 2 5まで
ビジネス 2 20まで
Bフレッツ ファミリー 2 5まで
マンション 2 5まで
ベーシック 2 10まで
ビジネス 4 20まで
フレッツADSL 2 5まで

■NTT西日本 >>フレッツ・セッションプラス(NTT西日本)>>フレッツ・プラス(NTT西日本)
・基本工事費1,080円(1工事ごと)
・交換機器等工事費1,080円(1契約者回線ごと)

フレッツ・
セッションプラス
基本セッション数 最大セッション数 月額
(1セッション)
フレッツ光 ファミリー 2 5まで 324円
マンション 2 5まで
ビジネス 2 20まで
フレッツ・プラス  基本セッション数 最大セッション数 月額
(1セッション)
Bフレッツ ファミリー 2 5まで 1,080円
マンション 2 5まで
ベーシック 2 10まで
ビジネス 4 20まで 2,160円
フレッツADSL 2 5まで 1,080円

ひかり電話やサービス情報サイト(フレッツスクウェア)を使ってるけど大丈夫?

ひかり電話通話時に、セッションは利用しませんが、ひかり電話対応機器の電源立上げ時、および最新の設定情報を確認・ダウンロードする際に、数分程度1セッションを利用します。
サービス情報サイト(フレッツスクウェア)、フレッツ・VPN、フレッツ・オフィス、フレッツ・アクセスサポート、フレッツ・グループアクセスをご利用の場合、接続用として1セッションを利用します。

現在のプロバイダを変更せずに、インターリンクの無料体験が利用できる!

上記ご説明した通り、NTTフレッツに標準装備されている「PPPoEマルチセッション」を利用すると、複数のプロバイダへ同時に接続することができます。そのため、現在のプロバイダーと、インターリンクの無料体験を併用することができます。

ZOOT for フレッツ光ZOOT for フレッツADSL

リスクなしの無料体験 フレッツ接続 ZOOT NEXT

今すぐお申し込み

ページトップ