ちょっと先行くインターネット インターリンク

1995年にプロバイダ業務を開始してインターリンクは20年目を迎えました。

サイト内検索

サイトマップ

トップ > 固定IPアドレスの教科書 > 固定IPアドレスとVPN

固定IPアドレスとVPN

VPNとは?

VPNは(Virtual Private Network)の略です。 その名の通り、仮想的な(Virtual)な通信を構成し、閉鎖的で第3者がアクセスできないプライベート(Private)な空間(Network)を作ることです。従来は、「IP-VPN」と呼ばれる通信事業者のネットワーク網を使って実現しておりました。

現在は、インターネットのインフラ整備が進み誰もが安価にADSLや光ファイバーを使ったネットワーク実現できるようになった結果、高速インターネット回線を利用した「インターネットVPN」が主流です。

Virtual Private Network

VPNの仕組み

VPNはインターネット回線上で接続する両端をVPNに対応させプライベートな空間を作り出します。

両端がVPNで接続されるとその挟まれた空間は、インターネット上に専用の地下トンネルを開通させるような状態となり、第3者がアクセスできないセキュリティ環境が構築される仕組みです。

第3者がアクセスできないセキュリティ環境を構築

固定IPアドレスとVPNでできる事

1     自宅にいないとできないことが出先からできる

パソコンやスマートフォンで自宅にVPN接続すると、そこでプライベートな空間が作り出され、接続した端末はあたかも自宅のネットワークにいるような状態になります。

接続後は、パソコンでテレビ録画、自宅のファイルサーバーに置き忘れたデータのコピーまたは自宅サーバーのメンテナンスなど自宅にいるかのような作業ができます。

パソコンやスマートフォンで自宅にVPN接続すると、そこでプライベートな空間が作り出され、接続した端末はあたかも自宅のネットワークにいるような状態になります。

2     自宅のVPNサーバーを経由して固定IPアドレス通信

自宅のネットワークは固定IPアドレスなので、VPN接続後のインターネット接続は固定IPアドレスでの通信となります。

わかりやく図化すると下記のようにISPから提供されるIPアドレスがVPN接続する事で、固定IPアドレスというカプセルに包まれるような状態になります。この状態でのインターネット接続は、全て固定IPアドレスでの通信になります。

ISPから提供されるIPアドレスがVPN接続する事で固定IPアドレスというカプセルに包まれるような状態になります

自宅のネットワークは固定IPアドレスなのでVPN接続後のインターネット接続は固定IPアドレスでの通信となります

VPNサービス・マイIPの紹介

当社インターリンクが提供するマイIPサービスは、このVPNの技術を応用したサービスです。 お客様側は当社が提供するVPNサーバーと接続し、当社とプライベートな空間を作ります。その際、固定IPアドレスを割り当てますので、接続後のインターネット接続は全て固定IPアドレスでの通信となります。
このサービスは、お使いのネットワークで固定IPアドレスが使えない制約がある下記のような方にオススメしています。

マイIPサービスはこんな方におすすめ!

ページトップ