ちょっと先行くインターネット インターリンク

1995年にプロバイダ業務を開始してインターリンクは20年目を迎えました。

サイト内検索

サイトマップ

トップ > 固定IPアドレスの教科書 > 固定IPアドレスとドメイン

固定IPアドレスとドメイン

なぜドメインがあるのか?

IPアドレスは本来パソコンが相互に通信するために作られたので、123.456.789.123と3桁の数字が4つ並んだ形になっています。このような文字列はパソコンなどの機械では処理しやすいのですが、我々人間には非常にわかりずらいです。

こうした問題を解決すべく「ドメイン」が誕生しました。 名前=ネームという意味を込めて「ドメインネーム」「ドメイン名」とも呼ばれます。

我々が普段インターネット接続してメールの送受信動画やサイトの閲覧をするにはプロバイダ契約が必要です

ドメインはyahoo.co.jpやgoogle.co.jpのように
人間の目でわかりやいローマ字で構成されています。
例えると、

IPアドレスは「住所」
ドメインは「表札(名札)」

となります。

固定IPは世界に1つ

ドメインとIPアドレスを結びつける

ドメインを取得したらそれを使わなければ意味がありません。 使うにはIPアドレスという住所と、ドメインという表札を結びつけてあげる必要があります。この結びつける役割を果たすのがDNS(Domain Name System)呼ばれています。
DNSはドメインとIPアドレスを相互に変換する機能を持っており、現在私たちがドメインでホームページを見ているのはこのDNSのおかげなのです。

IPアドレスは、大きく2に分かれます。動的IPアドレスと固定IPアドレスです。

ドメインと固定IPアドレス

ここでもし結び付けるIPアドレスが動的IPアドレスの場合、接続する度にIPアドレスが変わるので、その都度DNSの設定を変更しなければなりません。一方、固定IPアドレスは何度接続してもIPアドレスが変わりませんので、設定は1回のみ、変更する必要はありません。

このようにドメインを使ってWebサーバーやメールサーバーを自宅で運用する場合、固定IPアドレスは必須になります。

ページトップ