マイIP ソフトイーサ―版のご利用には、ソフトイーサ―社が提供する「VPN クライアント ソフトウェア」が必要です。
以下のソフトウェア使用許諾契約書に同意して、ソフトウェアをダウンロードしてください。

ソフトウェア使用許諾契約書

ソフトウェア使用許諾契約書 (日本語版)
Software End User License Agreement (Japanese Version)

本件ソフトウェア使用許諾契約書 (以下「本契約」といいます) の条件をよくお読みください。本契約書はお客様 (個人または法人のいずれであるかを問いません) とソフトイーサ株式会社との間に締結される法的な契約書です。

本契約では一連の条件を規定し、これらの条件に基づき、日本国の法人であるソフトイーサ株式会社とそのライセンサ (以下総称して「ソフトイーサ」または「弊社」という) が、お客様に対し、PacketiX VPN Version 4.0ならびに関連媒体、ファイル、資料、付属文書およびソフトウェアの一部として動作するインターネットベースのサービス (以下総称して「本件ソフトウェア」といいます) のダウンロード、インストールおよび使用を許可します。

お客様は、本件ソフトウェアのダウンロード、インストールもしくは使用により、あるいは「同意する」ボタン等のクリックにより、本契約の各条件に法的に拘束されることに同意したと見なされます。本契約の条件に法的に拘束されることを希望しない場合は、本件ソフトウェアのダウンロード、インストールもしくは使用、および (または) 「同意する」ボタンのクリックは行わないでください。

  1. 限定ライセンスの付与

    本契約の条件の適用、お客様による当該ライセンス料の支払いを条件として、ソフトイーサは本書面により、本件ソフトウェアと共に提供される指示、仕様、付属文書および本件ソフトウェアと共に発行されるライセンスキーまたはライセンス発行キーに付随する条件に従い、お客様のコンピュータで本件ソフトウェアをダウンロード、インストール、使用するための限定的、個人的、非独占的、サブライセンス不可、譲渡不可、取消可能な権利およびライセンスをお客様に付与します。

  2. ライセンスキー (VPN Server ソフトウェアに適用されます)

    お客様は、本件ソフトウェアを使用するにあたって事前にソフトイーサによって発行されたライセンスキーを、本契約書の条件に従って入手し所持する必要があります。

    お客様は、本件ソフトウェアのインストール、複製、または使用を開始される前に、ソフトイーサによって発行される本件ソフトウェアのための有効な製品ライセンスキー (以下「所持する製品ライセンスキー」といいます) を入手しなければなりません。本件ソフトウェアのための有効な製品ライセンスキーを所持していない時点において本件ソフトウェアをインストール、複製、または使用してはなりません。本契約書における有効なライセンスキーとは、ソフトイーサによって発行され、お客様がソフトイーサから直接あるいはソフトイーサの正規代理店(以下「パートナー」といいます)等ソフトイーサが指定する機関を経由して受領したライセンスキーのみを指すものとします。有効な製品ライセンスキーを所持している場合は、お客様はその所持する製品ライセンスキーと共に指定されているそれぞれのライセンス種別(以下「エディション」といいます)に応じた本件ソフトウェアの機能を使用することができます。本件ソフトウェアに組み込まれている機能のうち、お客様が所持する製品ライセンスキーと共に指定されているエディションで利用することができるとソフトイーサが定めている機能に含まれない機能を利用してはなりません。それぞれのエディションごとに使用することができる機能および使用することができない機能の一覧はソフトイーサが別途定め、本件ソフトウェアに関連するドキュメント、またはライセンスキーあるいはライセンス発行キーに付随して発行される条件書きに明記されています。ソフトイーサがお客様に製品ライセンスキーを発行する際に製品ライセンスキーおよびエディションと共に追加の使用許諾条件を別途指定した場合は、お客様はその追加の使用許諾条件に従って本件ソフトウェアを使用しなければなりません。追加の使用許諾条件の一部の条項が本契約書の一部の条項を否定する場合は、追加の使用許諾条件の内容を優先するものとします。

    お客様は、お客様が所持する製品ライセンスキーに係るエディションに関して、使用することができる機能および使用することができない機能の一覧はソフトイーサが別途定め、本件ソフトウェアに関連するドキュメント、またはライセンスキーあるいはライセンス発行キーに付随して発行される条件書きに明記されている、VPN接続可能なコンピュータの台数または拠点数の制限に従わなければなりません。

    お客様が所持するそれぞれの製品ライセンスキーについて各ライセンスキーと共に有効期限が指定されている場合は、当該ライセンスキーによって本件ソフトウェアの機能を使用する権利は有効期限の到来と共に効力を失うものとします。

    お客様は、ソフトイーサがお客様に対して発行したすべてのライセンスキーおよびそのライセンスキーに関連するライセンス発行キー、秘密のWebサイトのURL等の鍵情報を、通常著作権を有するコンピュータプログラムや文書などと同程度に慎重に取り扱い、ライセンスキーの一部または全部をソフトイーサによる事前の許諾無しにお客様以外の第三者に対して開示あるいは公衆送信可能な状態にしてはなりません。お客様がこの条項に違反し、多数の第三者に対してライセンスキーが開示された状態になった場合は、ソフトイーサはそのライセンスキーの効力を失効させることができるものとします。

    お客様が所持するライセンスキーの効力が失効した場合、お客様はそのライセンスキーによって使用していた本件ソフトウェアの機能の使用を直ちに停止しなければなりません。また、すべての製品ライセンスキーが失効したことにより本件ソフトウェアを使用できなくなった場合は、直ちに本件ソフトウェアをコンピュータからアンインストールし、本件ソフトウェアおよびすべての複製物を消去または廃棄しなければなりません。

    お客様は、所持するライセンスキーについて下記の行為を行ってはなりません。お客様がこの条項に違反した場合は、ソフトイーサはそのライセンスキーの効力を失効させることができるものとします。

    1. 同一のライセンスキーを2台以上のコンピュータに入力し使用すること。ただし、VPN Server のクラスタリング機能を用いる場合は例外として単一のクラスタに所属するすべてのサーバーに同一のライセンスキーが使用できます。
    2. ライセンスキーの一部を書き換え、またはその他の方法により、ライセンスキーによって規定される本件ソフトウェアの利用できない機能の制限を免れること。
    3. ライセンスキーを通常本件ソフトウェアを利用するためのライセンスキーの入力以外のことに使用すること。
    4. 単一のコンピュータ上で動作する単一の本件ソフトウェアのインスタンスに対して、複数の種類のエディションの製品ライセンスキーを入力し同時に使用すること。
    5. ライセンスキーの一部または全部を、ソフトイーサの事前の書面による許諾無しにお客様以外の第三者に譲渡すること。
  3. サーバー機能 (VPN Server ソフトウェアに適用されます)

    お客様が使用できる本件ソフトウェアのサーバー機能に同時にネットワーク経由で別のコンピュータから接続することができる最大のコンピュータの台数は、下記のとおりに決定されるものとします。

    1. お客様が所持するライセンスに係る、本件ソフトウェアに関連するドキュメント、またはライセンスキーあるいはライセンス発行キーに付随して発行される条件書きに明記されている内容により、本件ソフトウェアのサーバー機能にネットワーク経由で同時に接続することができる「クライアント接続数の上限」と「ブリッジ接続数の上限」が指定されている場合は、それに従うものとします。
    2. a に関わらず、ソフトイーサがお客様に対して追加的な使用条件書を提示した場合は、その条件を適用するものとします。

    同時に接続可能なコンピュータの台数は、次の2種類の接続モードごとに判別し集計されるものとします。各接続の接続モードに関する技術的条件は、ソフトイーサが別に定め、プログラムコード、マニュアルまたは電子文書として公開している場合は、それに従うものとします。

    1. クライアント接続数として計測されるクライアント接続モード。
    2. ブリッジ接続数として計測されるブリッジまたはルーティング接続モード。

    お客様は、本件ソフトウェアのサーバー機能に対して、上記の方法で算出される同時接続数の制限を越えた数のコンピュータからの接続を受け付けてはなりません。お客様は、本件ソフトウェアが、ライセンスキーの内容と接続数の上限に応じた機能をできる限り提供しようとした結果、ハードウェアまたはソフトウェアの回避が困難または不可能な技術的制限によって、一部の機能の動作が低下、不安定化または動作しない場合があることについて、予め同意するものとします。

  4. 帰属

    弊社は、本件ソフトウェア、そのコピー、およびそれらに対して行われるすべてのエラー訂正、バグ修正、パッチ、更新、派生著作物、改善、変更 (弊社、お客様、第三者のいずれが行った場合でも) に対する独占的な権利、権原および利益 (すべての知的財産権を含みます) を留保します。前文で説明されている権利は弊社の著作物であり、米国および日本の著作権法、国際著作権条約および協定、ならびにその他の準拠法により保護されています。ここに書かれていない権利はすべて留保されます。本件ソフトウェアには、許諾資料が含まれている場合があり、これらの資料のライセンサは、本契約の違反の場合、自らの権利を行使することができます。

    本契約の内容はいずれも、前段落で説明する権利、権原および利益 (すべての知的財産権を含みます) を弊社からお客様もしくは第三者へ移転させることを意図したものではありません。過失により、もしくは、誤ってお客様が前記の権利の所有者であると考えられている、または見なされている場合、お客様は譲渡に同意し、本書面により、それらの権利を本契約の発効日をもって弊社に取消不能の形で譲渡するとともに、前記の字句および意図を実施、確認するためのあらゆる文書の作成に同意します。

    本契約で明示的に規定されているライセンスのみ付与されます。その他のライセンスが、黙示、禁反言、一連の行為その他により、本契約に基づいて付与されることはありません。

  5. 特有の制限

    本契約によりお客様に付与されるライセンスは、お客様の一身に専属し、以下の制限の対象となります。お客様は以下を行ってはならないものとし、他者に以下を許可することも行ってはならないものとします。

    1. 全部または一部について、次の (i) または (ii) を行うこと。
      (i) 本件ソフトウェアの変更またはその派生著作物の作成。
      (ii) 本件ソフトウェアのコピー、複写、複製、翻訳、逆アセンブル、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、その他本件ソフトウェアのソースコード、基礎的な概念、アルゴリズム、構造または構成を導き出そうとする行為。
    2. 本件ソフトウェア内の著作権、特許、機密保持、商標、商号およびその他のマーク、表示、ラベルもしくは説明文の変更または削除。
    3. 本書面で明示的に許可されているものを除き、何らかの方法により、本件ソフトウェアの複製の販売、担保権の付与、移転を他者に対して行うこと。
    4. 他者への本件ソフトウェアの譲渡、貸与、リースまたは使用許諾。
    5. 本件ソフトウェアに関わる機能制限を免れる使用。本件ソフトウェアは、ライセンスキーによって機能制限が付与または解除されるシステムが組み込まれています。お客様は、本件ソフトウェアのプログラムに通常の使用とは異なる特殊な指令その他を与えることにより、本来使用が許諾されていない本件ソフトウェアの機能の一部または全部を不正に有効にする方法で本件ソフトウェアを使用してはならないものとします。
    6. ソフトイーサによって正規に発行されていないライセンスキーの本件ソフトウェアへの入力。
    7. バックアップ目的以外の目的で本件ソフトウェアのコピーを作成すること。
    8. 準拠法規制に違反して本件ソフトウェアを使用すること。
    9. 本件ソフトウェアの構成部分を分離すること。

    上記および本契約のその他の部分で規定される制約および制限をお客様が遵守しなかった場合、本書面に基づいて付与されたライセンスはただちに自動的に終了になるものとし、お客様は民事および (または) 刑事責任を負う可能性があります。

  6. 終了

    本契約は終了となるまで有効です。いずれの当事者も、相手方が本契約の条件に違反し (支払義務のある金額の支払不履行を含みます)、その違反の通知を受領してから 10日以内に当該違反を是正しなかった場合、書面で通知を行うことにより、本契約を終了させることができます。

    本契約は、次の (a) ~ (d) のいずれかが行われた場合、自動的に終了になるものとします。
    (a) 破産に関する法に基づき、お客様を債務者とした手続がお客様により、またはお客様に対して開始された場合。
    (b) お客様の債権者 (1名もしくは複数名) が、お客様の実質上すべての有形資産もしくは流動資産の所有権を得た場合、またはその譲渡を受けた場合。
    (c) お客様が自らの債権者のために一括譲渡を行った場合。
    (d) お客様のすべての資産または実質上すべての資産を管理するため、財産保全管理人が任命された場合。

    本契約が終了となり次第、お客様はただちに、ソフトイーサが提供した本件ソフトウェアおよび本件ソフトウェアに関する文書、メモおよびその他の材料 (この中には、すべてのソフトイーサの所有権情報、すべての前記のコピーおよび抜粋が含まれますが、これらに限定されるわけではありません) をすべて破棄するかもしくはソフトイーサに返却するものとします。ソフトイーサから請求があり次第、お客様は、本第4条の完全遵守を書面で証明します。

  7. ライセンス管理技術

    本件ソフトウェアにはライセンス管理技術が含まれている場合があります。この場合、本件ソフトウェアの機能が動作する際に自動的にソフトイーサの設置するライセンス管理サーバーに対して通信が行われ、本件ソフトウェアに入力されているライセンスキーが有効であるかどうかの認証が実施される場合があります。この手続きのために、本件ソフトウェアがインストールされているコンピュータのIPアドレス、ホスト名、ソフトウェアバージョンおよびデジタルライセンスデータが、インターネットを経由して伝送されます。また、本件ソフトウェアに入力されているライセンスキーが不正なものであるかまたはお客様に対する本契約が終了していることが判明した場合は、ライセンス管理技術によって自動的にソフトウェアが非アクティブ化されることがあります。お客様はこれらの条件に同意するものとします。

  8. 本件ソフトウェアのアップグレードおよび新バージョン

    弊社は適宜、本件ソフトウェアのアップグレードおよび新バージョンを発行する場合があります。それらのアップグレードおよび新バージョンを個別に許諾して別途ライセンス料を請求するかについて、ソフトイーサは独自の裁量により決定を行うものとします。ただし、ソフトイーサとお客様との間でサブスクリプション契約等の定期契約が締結されている場合は、その契約期間中のソフトウェアのアップグレードおよび新バージョンの発行に限り、その契約の内容に従ってソフトイーサはそれらのアップグレードおよび新バージョンを追加料金無しで提供いたします。

  9. 技術サポートおよびトレーニング

    お客様がソフトイーサまたはパートナーとの間で本件ソフトウェアに関する技術サポートおよびトレーニングに関する契約を締結される場合には、別途定める所定の手続きに従い、所定の料金を支払うことを要するものとします。

  10. 限定保証

    弊社は、本件ソフトウェア、その構成要素、技術サポートサービスに関する一切の保証を明示的に放棄します。本件ソフトウェアおよび技術サポートサービスは、明示または黙示を問わず、一切の保証 (この中には、状態、欠陥、使用、商品性、特定の目的もしくは使用への適合性、不侵害の黙示保証が含まれますが、これらに限定されるわけではありません) のない「現状有姿」で提供されます。お客様は、本件ソフトウェアの使用または動作、および技術サポートサービスから生じる一切の危険を負担します。管轄区域によっては、黙示保証の除外または制限が認められていないため、上記の制限がお客様に適用されない場合もあります。

  11. 責任の制限

    お客様による本件ソフトウェアの使用またはサポートサービスに起因する、いかなる損失または損害 (この中には、データの喪失、営業権の喪失、業務停止、コンピュータの障害もしくは動作不良、その他の損害もしくは損失が含まれますが、これらに限定されるわけではありません) についても、ソフトイーサまたはその親会社、子会社、関連会社、代理店、販売店またはライセンサが責任を負うことは一切ないものとします。法律で規定される、侵害に対する保証はすべて明示的に放棄されます。サービスの中断 (この中には、ISPの障害、ソフトウェアもしくはハードウェアの障害、その他データの喪失もしくはサービスの混乱を引き起こす事態が含まれますが、これらに限定されるわけではありません) について、弊社が責任を負うことはないものとします。いかなる場合も、間接的損害、付随的損害、特別損害、懲罰的損害賠償、派生的損害については、その種類を問わず、当該責任の主張が契約、不法行為 (過失または厳格責任を含みます) その他のいずれに基づくものであれ、本契約に関連する問題から生じる損失または損害の可能性が当該当事者に通知されていたとしても、弊社、親会社、子会社、関連会社、代理店、販売店またはライセンサがお客様に対して責任を負うことはありません。管轄区域によっては、付随的または派生的損害の除外または制限が認められていないため、上記の制限がお客様に適用されない場合もあります。

  12. 衡平法上の救済

    お客様は本書面により、本契約の条件が厳密に実施されなかった場合、弊社が回復困難な損害を被ることに同意し、そのため、弊社には、本契約の違反に関し、準拠法に基づいて弊社に提供されるその他の救済に加え、保証金その他の担保、損害の証明を必要とすることなく、適切な衡平法上の救済を受ける権利があることにも同意します。

    お客様は本書面により、本契約の条件に反する方法でお客様が行った本件ソフトウェアのダウンロード、インストールまたは使用に起因する、責任、損害、判決、損失、費用および経費 (合理的な弁護士料を含みます) に関し、弊社、その親会社、子会社、関連会社、代理店、販売店またはライセンサに対して補償および免責を行うことに同意します。

    本契約に関連して弊社、その親会社、子会社、関連会社、代理店、販売店またはライセンサにより訴訟が提起され、当該当事者が勝訴当事者と見なされた場合、当該当事者には、当該訴訟で自らが負担したすべての費用、弁護士料およびその他の経費をお客様から回収する権利が与えられるものとします。

  13. 修正

    本件ソフトウェアがアップグレードされた場合、弊社は独自の裁量により、本契約の条件の修正、追加または削除を行い、弊社が独自の裁量により選択した方法で事前に通知を行い次第、それらを有効にする権利を留保します。今後の本契約に対する修正がお客様にとって受諾できないものである場合、または、その修正によってお客様が本契約を遵守できなくなる場合、お客様は本書面内の条件に従って本契約を終了させることができます。更新もしくは変更された本件ソフトウェアをお客様がダウンロード、インストールもしくは使用した場合、または、本契約の変更の通知後もお客様が本件ソフトウェアの使用を継続した場合、お客様は当該変更をすべて受諾したものと見なされます。弊社は、本件ソフトウェアのいかなる面についても、随時変更、修正、一時停止または中止することができます。また、弊社は、通知を行うことなく、もしくは、責任を負うことなく、一定の機能に制限を課すこと、または、本件ソフトウェアの一部もしくは全部に対するお客様のアクセスを制限することができます。お客様は、本件ソフトウェアに含まれる機能、コンテンツもしくは知的財産権に対する、金銭的もしくはその他の権利、権原または利益を放棄します。

  14. 雑則
    1. 本契約は、日本で締結されたと見なすものとし、本書面に基づいて生起する紛争は、日本の法律に従って解決するものとします。お客様は、一方の当事者による相手方に対しての法的手続において主張される請求を、日本の東京にある東京地方裁判所で開始、継続するということに同意します。
    2. 本契約のいずれかの規定が、管轄区域の裁判所その他の裁決機関により、強制不能と判断された場合、当該規定は、認められる最大限の範囲で実施され、本契約のその他の部分は有効に存続するものとします。
    3. 本契約は、本書面の目的物に関する両当事者間の完全な合意を構成、包含し、従前の口頭または書面による合意に優先します。
    4. お客様は、弊社が、特定の製品もしくは技術を特定の国または特定の国の国民に対して輸出することを禁じる、日本、米国およびその他の国の機関による規制の対象となっていることを認めます。お客様は、弊社が本書面に基づいて本件ソフトウェアの供給を達成するために合理的に必要と考える輸出許可証の取得に関し、弊社に協力します。また、お客様は、当該管轄区域の関連するすべての輸出入の法律、規則および規制を完全に遵守し、本件ソフトウェアが、直接間接を問わず、前記の法律、規則および規制に違反した形で輸入または輸出されることがないようにします。
    5. 本契約が解除もしくは終了した場合において、ソフトイーサはお客様が本製品に対して支払った対価に対する一切の返金をおこないません。

・「ライセンス料」は、マイIPソフトイーサ版ご利用料金に含まれます。
・本件ソフトウェアで使用する、「ライセンスキー」は、インターリンクが接続情報として発行します。

私は本書面により、前記の契約書を読み、理解したことを認め、本件ソフトウェアのダウンロード、インストールまたは使用という行為が、本書面内の本契約の条件に拘束されることに私が同意した確認となるということに同意します。

Copyright (c) 2004-2010 SoftEther Corporation. 無断複写・転載を禁じます。PacketiX (R) は日本、米国、中華人民共和国および (もしくは) その他の国におけるソフトイーサ株式会社の商標または登録商標です。権利はすべて留保されます。

ソフトウェア
使用許諾契約書の確認
ご使用のOS

※このサイトでダウンロードできるのはIntel、Amd用のソフトウェアです。
Intel、Amd以外のCPUでLINUXをご利用の方は対応したVPNクライアントの
ソフトウェアをソフトイーサ―社のホームページからダウンロードしてください。