ちょっと先行くインターネット インターリンク

1995年にプロバイダ業務を開始してインターリンクは20年目を迎えました。

サイト内検索

サイトマップ

トップ > 新着情報 > インターンシップ生が開発した「認知症予防」アプリを特許出願

新着情報

インターンシップ生が開発した「認知症予防」アプリを特許出願。


 

2012.9.27

 オタク川柳大賞の主催やブロードバンド接続サービスなどを提供する、株式会社インターリンク(東京都豊島区、代表取締役社長:横山正)は、パズルゲームプログラムを9月20日付で特許出願致しました。

当プログラムは、同社が開催する「シリコンバレーインターンシップ」(※1)に参加した、胡益(コ エキ)氏(東京大学大学院創造情報学科在学中)が、認知症予防アプリとして開発。
パズルゲームは記憶力、問題解決力、図形認識力など脳の活性化に役立ち、特定の絵柄や数値に揃えるルールが理解しやすいことから、認知症の予防などにも有効であると言われています。
高齢者がパズルゲームを利用することで、脳の活性化を促し、認知症の予防に役立たせることを目的としました。また、高齢者にとって操作しやすく、さらに利用者の能力差に対応したゲーム構成となっています 。

■シリコンバレーインターンシップ
http://www.interlink.or.jp/internship/

■グラジェネ向け無料iPad教室
http://www.genki.pro/

※名称を「シルバー向け無料iPad教室」から「グラジェネ向け無料iPad教室」に変更致しました。 グラジェネとは、「グランドジェネレーション(GG)」の略で、アクティブなシニア層の新しい呼称です。

■Press Release
http://www.interlink.or.jp/new/pdf/p139.pdf




 

←新着情報一覧に戻る

新着情報

ページトップ